石越病院について

◎当院の特長

当院は、優雅な姿で目を楽しませてくれるガン・白鳥が飛来することで有名な宮城県北部の伊豆沼の近く、のどかな田園風景にとけこんだなかにあります。
2005年6月には、木の温もりあふれる明るい内装を施した建物に生まれ変わりました。そんな病院の広々とした空間には、ゆったりと時間が流れています。
また、患者さんにとっての楽しみのひとつでもある食事は、とれたての野菜が添えられ、みんなの顔をほころばせます。
何の変哲もないけれど、なぜか懐かしさと笑顔のあふれる病院、それが石越病院です。
そんなあたたかなぬくもりのある病院として、これからも精神科の地域医療と退院促進事業の推進、患者さんの自立に向けた生活支援や社会復帰のための就労支援など、みなさまに喜ばれるサポートをこころがけていきます。

名称
医療法人財団 姉歯松風会
石越病院
所在地
〒989-4703 宮城県登米市石越町南郷字小谷地前245
理事長
姉歯秀平
院長
姉歯秀平
開設日
1979年12月10日
診療科目
精神科・神経科・内科
病床数
120床
関連施設
  • ●共同生活援助事業
    「てんまり」、「のぞみハイツ」、「小谷地ハイツ」(登米市)
    「めざめハイツ」(栗原市)
    「なごみハイツ」(登米市)
  • ●就労移行事業
  • ●就労継続支援B型事業
  • ●相談支援事業(登米市・栗原市より委託)
  • ●栗原市東部地域活動支援センター(栗原市より委託)

個人情報ポリシー

当院の詳細につきましては、下記アドレスからパソコンでもご覧いただけます。
http://www.ishikoshi-hp.or.jp